育児や子供病気の為のサイト

産まれて~生後1週間の赤ちゃん

ほとんどの赤ちゃんは産婦人科で産まれます。

自宅出産や水中出産なども有りますが多くは産婦人科で産むと思います。
産婦人科によって若干の違いはあると思いますがそんなに大きな違いはないと思います。

赤ちゃんの情報色々

ほとんどの赤ちゃんは産婦人科で産まれます。

自宅出産や水中出産なども有りますが多くは産婦人科で産むと思います。
産婦人科によって若干の違いはあると思いますがそんなに大きな違いはないと思います。

赤ちゃんは、産まれてきたらまず泣きます!
元気な一声が聞こえたら、安心しますよね。

元気に産まれた赤ちゃんはまず、身長と体重を測ってもらいます。

平均的な週数で産まれてきた赤ちゃんの平均体型

身長 50cm
体重 3000g
もちろん2000g台のお子さまもいますし、中には5000gなんて大きな赤ちゃんもいます。

産まれたばかりの赤ちゃんを抱っこすると、哺乳しようとおっぱいに吸いついて来ることもあるようです。

産まれたての赤ちゃんは、言う名の通り赤いです。
泣いたら、全身が真っ赤になります。
目も腫れぼったくて、しわしわしていてます。
日にちがたつに連れて、だんだんと腫れぼったさもなくなりスッキリしたお顔になっていきます。

赤ちゃんの視力

赤ちゃんは果たしてどこまで見えているんだろう?

産まれた当日は、目を開けて入る時間も少ないです。 1週間経つと、目を開く時間も多くなってきて、少し表情が出てくる赤ちゃんもいます。

この頃の赤ちゃんの視力は、0.1くらいと言われています。
それでも赤ちゃんは、抱っこしてくれている人の顔を分かっています。
赤ちゃんは人の顔を好んで見つめ、母親と他の人の顔を区別できるそうです。

赤ちゃんの聴力

耳は、しっかり聞き分けています。
お腹にいる時から赤ちゃんが反応する音やそうでない音があります。
産まれたての赤ちゃんでも、好きな音と嫌いな音があるようです。

赤ちゃんの嗅覚

嗅覚は、実は大人以上に嗅ぎ分けができると言われています。
自分のママの母乳のにおいと、他のお母さんの母乳のにおいを嗅ぎ分けるそうです。

赤ちゃんの味覚

味覚は大人並みにあります。
ママの母乳の味がすぐにわかるらしいです。
例えば他のママの母乳を飲んだら「これは違う」という表情をします。
粉ミルクも、メーカーを変えたら飲まない事もあります。

赤ちゃんの感覚

赤ちゃんは周囲の温度の変化をしっかり感じ取ります。
しっかり感じているから、ママの体温を感じ取って、自分でおっぱいの場所を捜し出す事が出来るのことができます。
でも、自分で体温調節することはできませんので大人が衣類や布団、室温の調整で体温を調節してあげる事が大切です。

産まれて~生後1週間の赤ちゃんは、病院でしっかり管理されていますので、心配事があれば、すぐに看護師などに相談して心配事を少しでも減らしましょう。

もちろん、肌に触れられていることもよくわかっています。赤ちゃんはママのスキンシップが大好きです。ママに触れられていると、とっても気持ちが落ち着きます。