育児や子供病気の為のサイト

妊婦でも膀胱炎になる

男性よりも女性のほうが膀胱炎になりやすです。

膀胱炎を治す事、膀胱炎にならないようにする事を心がけましょう。

妊婦さんは膀胱炎になりやすい

もしも、膀胱炎になってしまったら

  • ・医師に処方された薬を飲む
  • ・水分をこまめにとる
  • ・時間が来たらトイレに座る
当たり前のことですが、それだけで膀胱炎はすぐに治ります。

妊婦さんの身体は、抵抗力が落ちていますので、細菌に弱くなるのです。

妊娠するとお腹が大きくなり、お腹が大きくなると、膀胱が圧迫されるので頻尿になるのですが、膀胱内は空っぽにはなりにくいのです。 そうすると細菌も増えやすくなります。

「おしっこに行きたいのは、お腹が大きいからそう感じているだけ」と思い込んで、トイレに行かない事で膀胱炎になる事もあります。

膀胱炎の症状

  • ・排尿時に痛みを感じる
  • ・尿が白く濁っている
などの症状がある時は、産婦人科に相談する事をお勧めします。

膀胱炎の治療には、やはり薬(抗生剤)が用いられます。
赤ちゃんがお腹にいるのに薬を飲むのはすごく抵抗がある事だと思います。
それでも、あなたの身体はあなたのものだけではないので、薬を飲んで、サッと治るものならば、一時的に薬を飲むのも赤ちゃんの為です。 もちろん、妊娠中に処方される薬は、赤ちゃんに影響がないものなので安心できると思います。

なにより膀胱炎にならないようにしっかり予防しましょう。

膀胱炎の、予防法は

  • ・我慢せずに、こまめにトイレに行く事
  • ・陰部を清潔にする事
  • ・水分を多く取る事