子供、出産や子育ての為のサイト

病院選び

『近いがいちばん』でも、入院中、産後のおつきあいまで考えて!

出産してみて「この産院でよかった」と思ったことは?

遊び相手が女の子ばかりのときと、男の子ばかりという場合とでは、遊びの内容はかなり違ってくるでしょう。
男の子が相手だと、活発に動き回ったり、ときにはママがハラハラするような遊びをしたりするかもしれません。
でも、遊びの内容と荒っぽい気質になることは、関係ないのです。

初めての出産。
快適な環境で入院生活を送りたいと思い、設備や見た目のよさなどから病院を決める妊婦さんも多いようです。
でも、イメージだけで病院を選ぶのは大間違い! 先輩ママに聞いてみると、設備や待遇面のよさよりも、最後は「人」だったという声が圧倒的。
産んだらおしまいではなく、入院中のケアや産後の健診などで、病院とは深いおつきあいになります。気持ちよくつきあえる産院はどんなところか、を考えて選ぶことが大切なのです。

満足度No. 1スタッフが親切

出産の満足度を左右するのは、スタッフの対応
すでに出産を経験した先輩ママたちに聞いてみると、出産の満足度を左右したいちばんのポイントは、「スタッフの対応だった」との声が大多数。
出産は一生に何度もないことのうえ、初産の場合は不慣れな入院生活を送ることになります。
だからこそ、設備や建物の新しさなどのハード面よりも、最終的にはスタッフの人柄や対応というソフト面が重要なのです。
POINT: 助産師
看護師の資格を取得したあと、専門の教育を受け、国家資格を持った妊娠・出産の専門家。
医師の監督なしに出産を介助でき、さまざまな面でケアをしてくれます。
POINT: 看護師
看護系の教育機関で学び、国家資格を持つ人。
医師の指示のもとで、診療の補助や、患者の看護を行ったり、日常生活をサポートしたりします。

満足度No. 2 料理がおいしい

体重管理から解放されたら、おいしい料理を食べたい!
初めての出産でかわいい赤ちゃんが生まれ、幸せいっぱいの入院生活をさらに楽しく演出するには、「おいしい食事」というのも大きなポイント。
特に、妊娠中の体重管理が厳しく、まるでダイエットのような生活を送っていたママにとっては、産後初めて食べる食事のよしあしは重要問題。
「満足出産」の締めくくりになるのではないでしょうか。
POINT: 祝い膳
出産後の夕食に、鯛や赤飯などの特別な「祝い膳」が出ることがあります。
病院によって、有無やメニューに違いがあるので、事前に確認しても。
POINT: フルコースディナー
産院によっては、祝い膳としてフルコースのディナーが出るところもあります。
夫婦で赤ちゃんの誕生を祝えるよう、2人分用意してくれる産院もあるようです。

満足度No. 3 個室でゆったり

周囲に気がねなく過ごせるという点から、個室が人気
出産を無事に終え、疲れた体を癒すには断然個室! とこだわるママも。
大部屋だと、同室の人もいれば、見舞い客も訪れます。
また、ときには、妊娠や出産のトラブルのために入院した人も同室になるなど、必要以上に気をつかう場合も。
個室なら、家族が見舞いに来てもゆっくりしてもらえるし、母児同室の場合は赤ちゃんを見ながら過ごすことができます。
VS. 大部屋
育児の不安や悩みをママ同士で共有でき、2人目などの先輩ママからは経験談やアドバイスを聞くこともできます。
退院後もつきあえるママ友だちができる可能性も大。

満足度No. 4 母乳指導が充実

母乳で育てたいと思うなら、指導内容をチェックして
母乳のよさが見直されている今、母乳の出をよくしたり、逆に出すぎの場合は出具合を調節できるように、食事内容、乳房マッサージなどの手入れ方法、じょうずな飲ませ方などを教えてくれるのが母乳指導です。
特に、母乳育児にこだわるママなら、病院選びの際に、母乳指導がどの程度充実しているのか、しっかり確認しておくことも大切です。
POINT: 乳房マッサージ
母乳の出が悪かったりよすぎたりするときに、赤ちゃんが飲みやすいように乳房の状態を保ったり、乳腺炎などのトラブルを防ぐために行うマッサージ。
POINT: 母乳外来
おっぱいのトラブルがあったときや、赤ちゃんがうまく飲めない、体重が増えないなど、母乳育児で困ったときに相談に乗ってくれる産院もあります。

満足度No. 5 母親学級がある

情報収集から友だちづくりまで、メリットがいっぱい
地域の保健所主催のほか、ほとんどの産院で行われている母親学級。
妊娠・出産に関する具体的なことを教えてもらえるので、妊婦さんの不安を取り除くことができます。
また、妊婦さん同士が知り合え、ママ友だちができる可能性も高いもの。
病室や分娩室などを見学できる産院もあります。
最近は、夫婦で参加する両親学級を開催しているところも増えています。

満足度No. 6 母児同室で過ごせる

赤ちゃんといっしょに過ごし、育児に慣れてから退院
生まれたての赤ちゃんといっしょの部屋で入院生活をともにする母児同室は、親子本来の姿。でも、出産の疲れもとれない体で、一日中、赤ちゃんと過ごして慣れない育児をするのは疲労が倍増しそう、ゆっくり寝たい……、と母児別室を選ぶ人も。
自分でどちらかを選ぶ産院も多いので、両者のメリット・デメリットをよく知って、自分なりに選択することが大切です。

満足度No. 7 分娩方法が選べる

自分の選んだ分娩スタイルを実施しているかどうかが肝心
分娩には、自分のラクな姿勢で産んだり、麻酔で陣痛の痛みを軽減したり、助産院や自宅といった産む場所を選ぶなど、さまざまなスタイルがあります。
ただ、出産ギリギリに無痛分娩や立ち会い出産を希望しても、急にできるものではありません。
陣痛、分娩、回復までを同じ部屋で過ごすLDRも、事前予約が必要。希望の分娩方法が決まったら、早めに相談しておきましょう。
POINT: フリースタイル
お産のスタイルを、産婦さんが自由に決めること。陣痛をのがすため、分娩台の上に限らず、すわったり四つんばいになったり、自分がラクな姿勢を選べます。
POINT: 無痛分娩
麻酔によって、お産の痛みを軽減して産める出産方法。
麻酔の種類には局所麻酔と全身麻酔がありますが、現在は局所麻酔である硬膜外麻酔が主流です。

満足度No. 8 立ち会い出産ができる

家族のサポートを受けることで、分娩の不安が緩和
家族に見守られての出産は、ママにとっても心強いことから、立ち会い出産が増えています。
でも、大学病院などの研究機関をはじめ、病院によってはできないことが多いもの。
また、事前予約が必要という場合もあります。さらに、立ち会い出産をする場合には、妊娠中から両親学級に通い、立ち会い出産について学んでおくなどの準備が不可欠です。