子供、出産や子育ての為のサイト

病院選び

漢族のカギは『出産を乗り越えるスタッフと入院環境』!

スタッフ、料理、個室……、みんなは何をどう評価しているの?

家族に見守られての出産は、ママにとっても心強いことから、立ち会い出産が増えています。
でも、大学病院などの研究機関をはじめ、病院によってはできないことが多いもの。また、事前予約が必要という場合もあります。
さらに、立ち会い出産をする場合には、妊娠中から両親学級に通い、立ち会い出産について学んでおくなどの準備が不可欠です。

産院のスタッフや環境は、出産の満足度を決める大きなカギとなっています。
でも、出産にかかわる価値観は人によって違うので、万人にOK!という基準はありません。
だれかにとってベストでも、必ずしも自分にとってベストとは限らないのです。
そこで、産院選びで成功するためには、さまざまな意見を聞くことが大事。
病院の方針、施設の充実度は個々に異なりますし、感じ方も人によって違います。
産後、後悔しないよう、まずは先輩ママたちの声に耳を傾けましょう。

スタッフが親切

設備や食事内容に多少の不満はあったとしても、スタッフがやさしくて親切であればすべてOK!
というのが、多くの先輩ママたちの意見。
出産の満足度はスタッフ次第といってもいいほどです。
産後のつらい時期を支えてくれたスタッフに感謝!
産院選びのPoint:土曜日も診察している

出産後に血乳がつづき、母乳を飲ませられなくて切ない毎日でした。
そんな私を親身になって励まし、母乳マッサージをしてくれたり、気分転換にとアロマテラピーをしてくれたのが、助産師さんや看護師さんたち。
おかげで、つらい時期もなんとか乗り切ることができ、感謝しています。

手術の間、看護師さんが手を握っていてくれました
産院選びのPoint:ドクターがやさしい

本当は立ち会い出産を希望していたのですが、帝王切開をすることになってしまいました。
手術室に入った私は、ひとりで心細くドキドキ。すると、担当の看護師さんが私の手をずっと握り、励ましてくれたのです。
本当に心強く、今でも忘れられないくらいうれしかった出来事でした。

こんなはずじゃなかった!
トラブルがあったとしても対応ができるようにと、総合病院に入院。
ところが、看護師さんも多すぎ、決まった担当医もいないので、初めてのお産で不安でした。

周囲の評判がよくて選んだ産院でしたが、入院してみたら最悪!
特に、看護師さんがいつも忙しそうで、何を聞いても感じが悪くて、入院生活が苦痛でした。

自宅近くの評判のいい産院でしたが、とにかくスタッフが不親切。
対応が悪く、気軽に相談できない雰囲気だったので、急きょ里帰り出産に変更しました。

料理がおいしい

「出産」という大仕事を終えたママにとって、入院中に、豪華でおいしい料理を食べられることは、満足度アップの条件の一つ。
料理のほか、おやつや夜食つきという産院も増えているようです。
出産後は、体重を気にせず思い切り食べました
産院選びのPoint:「食事がいい」と聞いて

妊娠中は、体重管理が厳しくて、食べたいものをガマンするダイエット中のような食生活でした。
それが、出産後は病院でおなかいっぱい食べられるのが、とにかくうれしかったですね。
だから、産院を選ぶときは、食事のよしあしやボリュームなども重要なポイントだと思いますよ。

退院の前に、夫婦でゆっくりおいしいディナーを堪能
産院選びのPoint:「知人にすすめられて

入院中、祝い膳としてフルコースのおいしい料理が出て、夫といっしょにわが子の誕生を祝い、ゆっくり食べることができました。
退院してしまうと、しばらくは落ち着いて外食をすることもできませんよね。
だから、産院で豪華な食事が食べられたのは、とてもいい思い出になりました。

こんなはずじゃなかった! 
出産した産院は、母乳によい食事との方針で粗食。
夕食は、ごはんとみそ汁に、焼き魚と煮物が少々程度。
毎晩おなかがすいて、さみしい気持ちに……。

ネットで調べ、「食事がおいしい♪」と書き込みがあった産院で出産。
ただ、実際はさほどおいしくなくてガッカリ。
人の意見をうのみにして大失敗でした!

「食事がおいしい」と評判の産院に入院しました。でも、ギトギトしたものばかりなうえ、味も濃い!
評判はよかったけれど、私の口には合いませんでした。

個室でゆったり

個室を選んだママが多かったのは、やはり周囲に気がねなく過ごせるという理由から。
特に母児同室の場合は、赤ちゃんのペースに合わせて過ごすことができますが、大部屋にもそれなりのよさが。
他人の目がないので、堂々と胸をはだけて授乳がOK
産院選びのPoint:家から近い

個室を選んでよかった点は、なんといっても夜中に赤ちゃんが泣いたとき、同室のママたちに気をつかわなくていいこと。
また、大部屋だと、日中におっぱいを飲ませるときに、よそのお見舞い客などの目が気になりますが、個室では堂々と胸をはだけて授乳できました。

常時面会OKで、赤ちゃんの泣き声も気にならない
産院選びのPoint:きれい、ドクターが親切

母児同室だったので、入院は個室を選びました。
まず、陣痛中は自分だけだから、痛みで声を張り上げても大丈夫。
入院中に家族や友人などがいつ来てもよく、周囲に気がねせずに話すことができました。
また、赤ちゃんが泣いても迷惑をかけないので、個室で正解だったと思います。

こんなはずじゃなかった!
4人部屋に入院しましたが、期待していたママ同士の交流はいっさいなし。
静かすぎて、物音や来客の話し声などで落ち着けず、個室にすればよかった!

大部屋で約1週間の入院生活。
出産という同じ状況を乗り越えたママたちと、楽しく情報交換をしながら過ごせて、とても楽しく、充実した日々となりました。

大部屋に入院したおかげでさみしいこともなく、いろいろなママたちと知り合うことができました。
毎日、ワイワイ過ごして、合宿のようでとても楽しかったです。

母乳指導が充実

出産前は気に留めないものの、いざ産んでみると、母乳指導の重要さを実感するママも多数います。
指導の内容によっては、退院後の母乳育児を左右することもあるので、チェックは必須です。
入院中から退院後まで、いつでも気軽に母乳相談
産院選びのPoint:実際に院内を見学して

母乳指導がいつでも受けられ、専任の助産師さんがいる産院で出産しました。
何かあったら、時間を気にせず相談することができ、心強かったですね。また、退院後も、気軽に何度でも聞きに行けるシステム。
ちょっとしたことでも、助産師さんに相談できて、とてもよかったですよ。

的確な母乳指導で、おっぱいトラブルとは無縁
産院選びのPoint:スタッフがやさしい

母乳指導に力を入れている産院だったので、おっぱいの飲ませ方や、出ないときのマッサージなど、毎日いろいろ教えてもらいました。
おかげで、乳腺炎などの恐れていたおっぱいトラブルにもならずにすみました。
現在、母乳の出が順調なのも、母乳指導のおかげだと思っています。

こんなはずじゃなかった! 
母乳指導や母乳育児にあまり熱心ではない病院でした。
ミルク100%になった今、もっと母乳にこだわった病院を選び、指導を受けるべきだったと反省。

母乳指導がありましたが、とても簡単なもの。
退院後に母乳の出が悪くなったとき、母乳マッサージをくわしく教えてもらわなかったことを後悔しました。

私の場合、母乳指導に熱心な病院だったのがアダになりました。
いろいろやってみても母乳はほとんど出ることなく、母乳指導がとにかく苦痛だったのです。

母親学級がある

最近は、母親学級や両親学級を開く産院がほとんどです。
ママ友だちをつくったり、出産に対する不安を取り除いたり、院内の様子を知るためにも、多くのママから参加してよかったとの声が。
長くつきあえるママ友だちができた
産院選びのPoint:お見舞い時にチェック

母親学級に参加した収穫は、なんといっても同じころに予定日だったママ友だちができたこと。
妊娠の経過も出産の時期も、生まれたあとの赤ちゃんの育ち方もほとんど同じということで、共通の話題がたくさんあります。
悩みなどを話すうち、退院後もつきあえる友だちができました。

母親学級への参加で、出産の不安が解消
産院選びのPoint:出産した姉のすすめで

初めての出産を控え、漠然とした心配や不安でいっぱいだった私。
でも、母親学級に参加して、お産のプロセスや育児について習ううち、不安を取り除くことができました。
また、分娩室などの設備を見学させてもらえたので、どんな場所と雰囲気かをわかっていたせいか、出産時に安心でした。

こんなはずじゃなかった! 
母親学級に参加したのはいいのですが、出産の様子をビデオで見せられたのです。
リアルで恐怖心ばかりつのってしまい、帰ってから、胃が痛くなりました。

出産や育児について知りたくて、病院の母親学級に参加。
ところが、ミルク会社の人がミルクのよさについて話す、という宣伝じみた内容に、ガッカリ。

産院の母親学級は、私だけが参加する形式で、回数も2回だけの簡単なもの。
物足りなくて、夫も参加できる保健所主催の両親学級にも通いました。

母児同室で過ごせる

生まれたばかりの赤ちゃんといっしょに過ごすことができ、スタッフの助けを借りつつ、育児がスタート。
母児同室を経験したママからは、退院後の育児の練習にもなったという声も聞かれました。
いつでも気軽に、育児の相談ができて心強い
産院選びのPoint:知人からすすめられて

先輩ママたちからは、母児同室だと、出産で疲れた体を休めることができないから、やめたほうがいいと聞かされていました。
でも、実際に母児同室を経験すると、夜中でもスタッフの人に声をかけられ、わからないことなどを気軽に聞くことができて、とても安心して過ごせました。

赤ちゃんの扱いに慣れてから、退院できました
産院選びのPoint:カンガルーケアができる

母児同室は、夜中の授乳もあって、産後の体力的にはちょっときついかも。
でも、看護師さんがいつでも助けてくれたり、アドバイスもしてくれます。
退院後にいきなり赤ちゃんと2人きりで育児をするより、入院中に赤ちゃんの扱いに慣れることができるので、私はおすすめです。

こんなはずじゃなかった! 
勉強不足でした。母児同室があんなに赤ちゃんとベッタリで世話をしないといけないとは!思いませんでした。産後の体には、すごくきつかったです。

陣痛が1日半もつづき、お産が終わったころには疲れてヘロヘロ。なのに、夜中も赤ちゃんに泣かれてゆっくり眠れず……、母児同室も考えモノと思いました。

母児別室だったので、体力回復にはよかったです。ただ、わが子なのに自由に抱っこできず、ガラス越しに見るだけというのは、あまりにも切なかったですね。

分娩方法が選べる

思い描いた方法で出産できた妊婦さんほど、出産や産院に対する満足度は高め。
分娩方法にはどんなものがあるかを知り、自分に合った方法を選びたいですね。
LDRで、体力・気力を消耗せずにすみました
産院選びのPoint:通院したことがある

入院した病院は、以前から通院していた、設備の整った総合病院。特に、LDRが気に入って選びました。
実際に、陣痛が少し長びいたので、いざお産が始まったときには体力も気力もなかったほど。
あの状態で、分娩室に移動するかと思うと……、LDRにして本当によかったです。

「自分らしいお産」を目指して病院探し
産院選びのPoint:フリースタイルで産める

お産はなるべく自然に、医療行為は最低限にしたいというのが希望でした。そこで、「自分らしいお産」のできる産院をあれこれ探すことに。
いろいろ調べた結果、思いどおりのお産ができる産院で産むことができ、大満足。
こだわってよかったと思っています。

こんなはずじゃなかった! 
早くから無痛分娩を希望したので、「これでお産なんて楽勝!」と思っていたら……。
麻酔が完全に効かなかったのか、予想以上の強い痛みに絶句しました。

カンガルーケアのことをよく知らず、産後にどのようなものかを聞いて、やりたかったなぁととても後悔しました。
事前に、いろいろ調べておくべきでしたね。

前もって、バースプランを提出していました。
これで希望どおりの出産ができると思いきや、実際は人手不足のせいかほとんど生かされず、残念でした。

立ち会い出産ができる

夫も感動の場を共有できる!と、希望する妊婦さんが増えています。
ただし、事前に両親学級などへの参加が必要で、病院によっては予約するところもあるので確認が必要です。
夫が立ち会いを決断!陣痛中も心強かったです
産院選びのPoint:複数の先輩ママに聞いて

夫には、できればお産に立ち会ってほしいと思っていました。
でも、男性によっては血は苦手という人もいますし、強制はできないと思って、本人の意思にまかせることに。
結局、立ち会ってくれたのですが、やはり出産時にそばについていてくれて、とても心強く安心して産めました。

立ち会ったおかげで、夫は育児に積極的に
産院選びのPoint:病院選びの本で見て

私の選んだ産院は、「パパも出産に参加しよう」という方針。
もちろん立ち会いOKで、妊娠中からレクチャーがあったり、パパに面接をしたりするなどのシステムでした。
おかげで、パパも「一緒に産んだ」と思えるほど、お産にかかわってくれ、産後は育児にも協力的で助かっています。

こんなはずじゃなかった! 
イヤがる夫を説得し、お産に立ち会ってもらったのはいいのですが。
私の苦しむ姿を見るのに耐え切れず、生まれる前に外へ逃げ出してしまいました。

立ち会い出産したいと、出産前に伝えました。
ところが、立ち会う場合はかなり前に予約が必要だったらしく、結局できずじまい。いまでも心残りです。(

立ち会い出産といっても、子どもが生まれた瞬間を見届けただけ。
なのに、別料金として1万円もとられたのは、いまだに納得がいきません!

これだけは避けたい! 先輩ママが不満を残したのはこんなこと

  • いつも込んでいた 大学病院や人気のある産院では、「半日待ちは当たり前」など、待ち時間が長くて大変だったという声が。
    待合室も込みあっていて、「気分が悪くなった」という人もいました。
  • 合わないスタッフがいた 忙しいのか、対応が冷たいスタッフがいたり、「これくらいの痛みがガマンできないの?」「おっぱいが出なくて、悪いママね」など、心ない言葉に傷ついたというママも。
  • 家から遠かった 評判や設備のよさを重視し、自宅から遠い産院を選んだママは、「健診に行くだけで、毎回、どっと疲れました」「陣痛のとき、たどり着けるのか不安になりました」などの声が。
  • 授乳指導がなかった 新米ママなのに、生まれたばかりの赤ちゃんをポンと渡され、「母乳をじょうずに飲ませられず、赤ちゃんが泣いて困りました」などという産院もあるようです。
  • 母児別室 「入院中、赤ちゃんにほとんどさわれませんでした」「自由に授乳させることができず、おっぱいが張って大変でした」などが、母子別室を経験されたママからの不満の声でした。