子供、出産や子育ての為のサイト

病院選び

満足のいく産院は、明確な意思と自分の判断で選ぶこと!

産院チェックリスト

施設

「したい出産」ができる産院、満足できる産院を選ぶには、何といっても情報収集が決め手!
口コミやインターネットなどでおおよその情報を集めたら、次は実際に産院の下調べ。
見学に行ってもいいし、その産院に電話をかけてみるのもいいでしょう。
応対で、スタッフの雰囲気がつかめることも多いからです。
ただ、評判がいいからといって、その価値観が自分にも当てはまるとは限りません。
やはり、自分の目で確かめるのがベスト!
  • NICU(新生児集中治療室)がある
  • 小児科を併設
  • 個室
  • 大部屋
  • 明るい雰囲気
  • きれいな建物
  • 最新の設備
  • 母児同室
  • 母児同室(夜間別室)
  • 母児別室
など

スタッフ

NICUなどの設備が整っていて、小児科もある病院がいいという人もいれば、豪華で落ち着いた個人産院を選ぶ人もいて、千差万別。大切なのは、希望に合った設備があるかどうかです。
  • ドクターと相性が合う
  • 担当医が決まっている
  • 親身になってくれるスタッフ
  • 助産師が多い
  • アットホームな雰囲気
など

物理的要因

通院時には、看護師さんや助産師さんの対応のよしあしをひそかにチェックして。
スタッフの人手が足りない産院では、十分な対応をしてもらえない場合もあるので、忙しさや人数も確認しておきましょう。
  • 家から近い
  • 実家から近い
  • 会社から通いやすい
  • 平日の夜間・土日も診療している
  • 待ち時間が短い
  • 出産費用が見合う
など

分娩方法

通院だけでなく、陣痛時の移動やトラブルが起こったときのことを考えて、自宅から近くて、交通の便がいい産院を選びたいもの。
遠方の場合は、いざというときの対応を医師やスタッフと相談して。
  • LDRがある
  • 立ち合い出産ができる
  • 無痛分娩を選べる
  • ソフロロジーの採用
  • フリースタイルの採用
  • バースプランを提出できる
  • カンガルーケアができる
など

その他

分娩方法については、内容をよく知ること。
そのうえで、どれが実施可能なのか、推奨できるのか確認を。
多胎妊娠や無痛分娩など、技術の必要とされるケースは、扱い件数の多い産院を選ぶと安心。
  • 母親学級がある
  • 両親学級がある
  • 母乳指導に熱心
  • 母乳外来がある
  • マタニティビクスなどの教室が充実
  • エステ・シャンプーなどのサービス
  • ベビーマッサージ
など

分娩予約はしましたか?

YES 76%
NO 24%
妊婦さん向けの教室が開催されたり、サービスやイベントが充実しているのが最近の産院の傾向です。
パパ向けの催しがあるところも増えているので、どんなものがあるのか、内容やスタッフについて確認を。

満足できる出産、満足できる産院選びをするためには、まず、自分がどんな出産をしたいのか、ビジョンを組み立てることです。
ただし、施設やスタッフには限界があります。
自分の希望する条件に優先順位をつけることも必要。

また、十分に調べて吟味して選んだつもりでも、通院すると医師やスタッフと相性が合わない、希望の出産ができないなどで、転院する思い切りが必要なことも。
ただ、その場合も、スムーズに転院できるよう「紹介状」をもらうようにします。
また、転院先が分娩予約で満杯の場合もあるので、転院するなら早めに決断したほうがいいでしょう。
いずれにしても、出産は一生に何度もできない貴重な体験。
だからこそ真剣に下調べをして、自分に合ったベストな産院を選びたいですね。

先輩ママの8割近くが、分娩予約をしていました。
スタッフや設備などの関係から、早めに予約しないと分娩ができない産院もあるので、よく下調べして。