子供、出産や子育ての為のサイト

出産費用

胎盤が子宮の出口をふさいでいる場合や逆子など、自然分娩による危険性が高いと判断された場合には、子宮を切開して赤ちゃんを取り出す「帝王切開」での出産となります。

帝王切開の場合は自然分娩と比べて高額に

日本では約16%、米国では29%が帝王切開による出産です。
ブラジルや韓国では約40%とかなり高い数字となっていて、近年、世界的に増加傾向にあります。

帝王切開で出産をすると、一般的には次回(2回目)以降の出産も帝王切開になります。
帝王切開にかかる費用は50万円から75万円くらいと、自然分娩と比べて高額になります。

医療保険などの手術を保障する保険に加入している場合は、帝王切開は手術給付金の支払い対象となります。
手術給付金と入院給付金を合わせて10万円程度が一般的です。

ただ、医療保険のなかには入院給付金のみのものがあるので、手術給付金が出るかどうかは加入時に確認したほうが良いです。