子供、出産や子育ての為のサイト

公的補助制度の利用

出産準備や分娩費用に活用できる7つの公的補助制度

出産にかかるお金っていくらくらいなんだろう?

「会社を休まないといけないから収入は減るし・・・」
「お金のことを考えるとちょっと怖い・・・」

こんな不安を少しでもやわらげるために、国はさまざまな公的補助制度を準備してくれています。
「おめでた」の際に利用できる7つの公的補助制度をまとめました。
「知らなくて損をした」ということのないように、ぜひ出産前に読んでみてください。

出産にかかるお金はどれくらい?
出産に至るまでの妊娠期間中に欠かせないのが、「妊婦健診」です。
子ども一人につき42万円がもらえる『出産育児一時金』
出産育児一時金は、妊娠・出産に必要な費用をサポートするため
98日間、給与の3分の2がもらえる出産手当金
産前42日、産後56日の産休中の給与は基本的に支給されない
月額81,000円以上かかった部分はほぼ戻る高額療養費制度
帝王切開には健康保険が適用される
年間10万円以上だと一部戻ってくる高額医療費控除
医療費控除とは、1年間で一世帯の医療費の支払いが10万円以上になった場合
意外と知られていない傷病手当金
切迫流産や妊娠悪阻(にんしんおそ)によって会社を休む場合
給料の6割相当が支給される失業給付金
失業給付金とは、退職した時に雇用保険から支払われる失業保険のこと
年度の途中で退職した人がもらえる所得税の還付金
年度の途中で勤め先を退職した人は、所得税の還付金
まとめ
出産は病気ではないため健康保険が使えません(帝王切開は別です)。